フリカエル No.4 藤城清治展 東京都銀座 教文館

教文館の藤城清治展に行ってきました。


藤城清治といえば、影絵で昔は顔が黒いのが恐ろしい感じもしてあまり好きではなかったけれど、ケロヨンを知ったこともあり、じょじょに好きになりました。

会場は程よい広さで入場制限も行われており、大変見やすかった。


ケロヨンもちょこちょこいて、それを写真に撮りました。


とはいえ、大きな影絵(と書いてきたけれど、人物の顔が黒いだけであってとてもカラフルです。)も大変見ごたえがありました。

少し前まで失礼ながら、お亡くなりになっていると勝手に思っていたのですが、97歳でご存命。まだまだ現役のようでバイタリティに励まされるばかりです。

また、写真撮影を許可していただいたことにも感謝いたします。

お土産もたくさん買ってしまった。『銀座いろはかるた』は銀座の歴史を感じさせる素晴らしいできでした。

 

いい記事が家庭画報にありました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です