映画「素晴らしき、きのこの世界」を観てきた。

映画「素晴らしき、きのこの世界」を観てきた。

本当は別の映画を観る予定だったのだけれど、友人とスケジュールが合わず、急遽探して見繕ったのがこの映画だ。

うっとりしてしまうような予告映像に惹かれた。

タイムラプスを駆使して、きのこの成長が撮られているので、まるで生きているよう。

菌類は目に見えない胞子や地下のネットワークで地球の浄化や食物連鎖に貢献している。

 

マジックマッシュルームでハイになったときの世界を表している?ニューエイジ的な万華鏡の映像には

少し辟易したけれど、全体的に美しい、新しい世界を見せてくれた映画だった。

 

きのこの力で幻覚を起こして、うつ病を治療したり、死の恐怖を和らげる取り組みの紹介も面白かった。

日本ではいまのところ無理そうだけれど。

 

また、汚れた海やタバコの吸い殻をきのこの菌で分解するという実験も画期的だと思った。

菌で原発の汚染も分解できないものかと思った。これもたぶん無理かなあ。

※↓関係ないけど我が家のカエルきのこコレクション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です