会計年度任用職員(司書)ケース② 面接内容

試験から二週間ほどして面接がありました。

面接官は3人。男性2人、女性1人。女性は館長さんでした。
男性はおそらく役人の方かと。

質問内容は

  • 家から勤務館までの交通手段
  • 上司と意見が合わないとき、どうするか
  • 苦手なこと
  • 仕事で達成感を感じた瞬間
  • 仕事で問題を解決したこと
  • 志望動機
  • アレルギーはないか(絨毯アレルギーで退職した人がいるとのこと)

などでした。

いちばん引っかかったのは、「上司と意見があわないときどうするか」です。
これは、公務員試験の面接でよく聞かれる問題だそうです。

正解は、自分の意見を主張しつつも、上司の意見も受け入れ折衷を目指す。といったところにあるようです。

私は、上司の方が権限が上なので、揉めても仕方ないので譲るといった答えをしてしまいました。私自身が想定した「上司と意見が合わないとき」が仕事の進め方だったので、いずれにしろ仕事を進めるのならば、経験が長い人に合わせた方がいいだろうと思ってしまったのです。

ともあれ、答えが決まっている質問がいくつかあるようなので、その辺をもっと予習すればよかったと思いました。

あとは、ちょうどこの試験を受けているときに他のオファーもあって、そちらの方が魅力的だったので、若干上の空だったことも敗因の一つかも。いずれにせよ、そちらのオファーも即断できず流れてしまったので、二兎を追う者は一兎をも得ず。といった結末でした。

面接内容とは関係ないですが、この区は契約の更新が10年までとのことで、だいだい3~5年が多いので珍しいなと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です